平均的な30代サラリーマンのブログ

平均的な30代サラリーマンのブログです。

資産運用⑦ ~iDeCoは商品購入までが長い!~

積立投資での運用を決め、積立NISAでの運用は、

次年度以降と決めたため、いよいよiDeCoに申し込みました。

(一般NISAからの切り替えが来年以降になるため)

 

私がiDeCoに申し込みをしたのが、今年の6月です。

どこのネット証券でも申込書を申請すると必要書類がもらえます。

iDeCoの商品カタログも一緒に送られてくる場合が多いと思います。

普通のサラリーマンが申し込みをするためには、以下の書類が必要です。

楽天証券の場合) 

 

iDeCo申込書

② 事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書

 

①は基礎年金番号が必要なくらいで特に記入は難しくはないです。

②は自分では用意できない書類なので、

これは会社の総務や人事の担当者に書いてもらいます

私は出向中なので会社とは郵送でやり取りをしました。

 

基本的に記入例などに沿って記入を進めるだけですが、

一つここで重要な決断をしなければなりません。

どんな商品を買うかは口座開設後に設定をするのですが、

毎月いくら投資(引き落とし)するかはここで決めなければなりません

つまり積立NISAとiDeCoの配分をここで決めなければいけません

 

1年に1回は積立額の変更ができるので、少なめで開始してみて、

生活への負担と影響を確認しながら調整していくのもよいかもしれません。

普通のサラリーマンであれば2.3万円/月が上限だと思いますが、

私はとりあえず1.2万円/月から始めています。

 

まずは様子見という雰囲気があったことと、

積立NISAへの投資余力を残しておきたかったこと、

現金での貯金も増やしておきたかったことなどがあります。

 

前回検討した掛け金の配分比率(投資対象)については、

iDeCo口座開設後に各証券会社のHPなどで設定していきます。

口座開設後、一定期間配分比率の設定がないと、

各証券会社によって自動的に配分が決定される場合もあるようなので、

iDeCo口座開設後は設定のし忘れがないように気を付けましょう。

(少なくとも楽天証券はそういう設定でした。)

 

iDeCoの申し込みで注意しなければならないことは、

審査期間が非常に長いことだと思います。

私は2018年6月15日に申込書類を投函しました。

投函したのが土曜日だったため、

翌週金曜の6月22日までには証券会社から、

申請書類受託の連絡がきました。

 

ここからが、確定拠出年金の運営機関である、

日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー㈱、

いわゆるJIS&T社での審査期間に入ります。

 

大体1~2か月かかると連絡が来ていたので、

楽観的に1ヶ月くらいで何らかの反応があるだろうと踏んでいたら、

結局反応があったのはお盆前の8月10日ごろでした。

郵送で口座番号などの連絡があった感じです。

 

但し、この時は口座開設の連絡のみで、

楽天証券のHP上に反映されるのは数日先とのこと。

結局楽天証券のHPでステータスが確認できたのは、

お盆も明けた8月20日ごろでした。

(HPに反映されないと何もできません。)

 

私の場合はお盆を挟んだとはいえ、

何の問題もなくても丸2か月くらい放置される可能性は

あると思っておいた方が良いと思います。

 

さて、楽天証券の管理画面で情報が確認できるようになると、

いよいよ掛け金の設定ができるようになります。

私は前回の記事でご紹介した4商品を以下のように割り振りました。

ちなみに掛け金は比率のみで、金額では配分できません

 

① 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

⇒ 30%

② たわらノーロード先進国株式

⇒ 30%

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド)

⇒ 20%

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド) 

⇒ 20%

 

ここまでやってようやく最初の引き落とし日を迎えました。

引き落としは口座開設月の給料日後(私の場合8月)から開始ですが、

審査期間は既に申し込みをしていたものとみなされるため、

最初は前月分と合わせて2か月分引き落とされます

そのため、私は8月27日に24,000円引き落とされました。

 

お金の引き落としを確認した私は、

いよいよ自分の投資商品と投資額を確認しに楽天証券の専用サイトに行きました。

6月から検討していたものを2か月越しに確認できるので、

ワクワクでしたが、まったく更新されていません。

 

専用サイトを見ると、買い付けは引き落とし直後に行われるわけではなく、

サイトへの反映は発注日となる13営業日後と書いてあります。

まあ2週間強ですよ、そこでご指定の通り9月12日に再度確認に行ったところ、

今度は待機資金とかいって現金があるだけで、

まだ投資信託が購入されていません。

 

結果として、私の指定した掛け金配分で購入した状態が見られたのは、

さらに翌週の9月17日週だったと記憶しています。

ちなみに9月の給料日後に引き落とされた掛け金の分については、

当然現段階ではまったく金額すら反映されていません。

 

このようにワクワクしながらiDeCoに申し込むと、

進捗の遅さに非常にイライラすることになります。

私の場合、商品購入には申込書類の送付から3か月以上必要でした。

 

申し込むこと自体が決定しているならば、

最初の掛金さえ決まっていれば手続きは進められるので、

手続きを進めながら商品などを検討するのもよいのかもしれません。

 

 

同カテゴリの投稿

資産運用 カテゴリーの記事一覧 - 平均的な30代サラリーマンのブログ

 

 

ブログ村に一応参加しています。


にほんブログ村